気になる目の下のたるみを防ぐには、目元の血行を良くするためにマッサージを行うという方法があります。目の下のたるみに効果的なだけでなく、マッサージは皮下脂肪も寄せ付けず、ハリのかる目もとを手に入れる助けになります。血行を促進して新陳代謝を整えることは重要で、刺激の強すぎるマッサージは逆効果なので、ほどほどの力加減をマスターしましょう。肌のターンオーバーが正しくなれば皮下脂肪もつきにくくなり、たるみの原因を無くしてくれます。こめかみから目の下にかけて、軽く指の腹で押すようにやさしくマッサージをしましょう。目の下のマッサージをしたら、次は目の上に持っていってまたこめかみに戻り、そこを押すようにすると、血流もよくなります。また目を強くつぶった後、ぱっと開くという運動を繰り返しても、目のマッサージになります。目の周囲の筋肉を刺激し、表情筋という顔の筋肉を鍛えましょう。顔をギュッと中心に寄せるように力を入れて5つ数えた後、外側に力を入れて開くようにする方法があります。目元に力を入れたり、眉を上げてみたり、日常的にいつも使っていない筋肉に力を入れ刺激することで、目の下のたるみ解消に効果があります。ただし注意点があって、皮膚の薄い人はやりすぎるとよくありません。やりすぎることで細かいしわができてしまいます。このトレーニングをする前にしっかり保湿をしましょう。化粧水などでスキンケアをするとき、目のまわりを軽くタッピングすると、血行が良くなります。目の下はデリケートな薄い皮膚なので強くこすったりせず、優しく手当しましょう。