女性が歳をとるにつれに気にしてしまうのが顔のたるみですが、女性ならみんなたるみのないキレイな肌でいたいと思うでしょう。なぜ年をとると目もとや顔がたるんでしまうのでしょうか。それは肌にも年齢があるためで、そもそも人間の肌は細胞分裂、いわゆる再生できる回数が決まっているというわけです。それで、たるみができ始めるときが肌が再生できなくなった時なのです。皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっていて、それを筋肉が支えています。脂肪が多ければ皮膚の皮下組織には脂肪細胞が集まっているので、当然たるみができますが、皮膚を支える筋肉が鍛えられていれば、たるみは起こらないのでマッサージが大切です。たるみができる要因は年齢による肌の老化だけでなく他にもありますが、女性が一番気になる、ほおのたるみについて考えてみましょう。ほほは顔の表情を大きく変化させる大切なパーツであり、生活環境や食生活が大きく関係します。ものを食べるときに口をしっかりもぐもぐ動かして咀嚼筋を使ったり、泣いたり笑ったりと顔の筋肉は普段の生活で気づかないうちによく使っているので、もっと意識して筋肉を使えば、顔のたるみができないようにできます。ストレスで気持ちが落ち込んでいるときは、自然と表情が暗くうつむきがちになり、気付くと無意識のうちにほほが下に落ちてしまう、ということもあります。エアコンによる乾燥や紫外線などの刺激といった生活習慣、それに疲労もたるみを作る一因です。バランスの取れた食事、規則正しい生活をし、たるみの原因になることをつぶしていくことで、たるみを防ぎ、改善することが出来るのです。